FC2ブログ

あした君と何を見よう

パパママ1年生が“ちょっとした幸せ”を綴る写真ブログ

センチメンタル

sakura4
Nikon F3 Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF


あと何回、桜を愛でることができるんだろう・・・。
そんな想いは、今の彼らには無縁なんだろうなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/16(木) 23:29:30|
  2. Nikon F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

華やぐ季節

hanami
Nikon F3 Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZF

春を待ちわびる気持ちは、万国共通のようで・・・。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/13(月) 00:32:28|
  2. Nikon F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポートレート

turky
Nikon F3/Ai Nikkor 50mm F1.4S

被写体とレンズとの間に生じる緊張感が、
私の原動力となる。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2009/02/08(日) 01:06:44|
  2. Nikon F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カメラノチカラ

india
Nikon F3/Ai Nikkor 50mm F1.4S

コミュニケーションツールとしてのカメラの存在価値を
私は信じて疑わない。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/03(火) 23:25:16|
  2. Nikon F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フィルムとデジタル

station
Nikon F3/Ai Nikkor 50mm F1.4S

フィルムとデジタル、記録する媒体が異なるだけで
カメラであるという本質は何も変わらない。
それでも普段、フィルムカメラ(MF)を持ち出すことが多いのは、
写真を撮るという行為そのものが好きだからだと思う。
被写体を見つけたら、絞りとシャッタースピードを決め、ピントを合わせる。
そしてシャッターを押す・・・。
そんなささやかで贅沢な時間が、好きなんだと思う。

でも技術の発達は凄まじくて、正直なところフィルムカメラの
優位性は失われてしまった気がする。
精度の高いAFの方が被写体に集中できるし、
ISO6400の世界なんて、フィルムじゃありえないのだから。

「いつまでフィルムと付き合えるかな」なんてことを考えながら、
コダックから新しく発売されたEktarというフィルムと睨めっこをしていた。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2009/02/02(月) 22:35:14|
  2. Nikon F3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ナンバーテン

Author:ナンバーテン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
Hasselblad 503CX (22)
Leica M6 (7)
Nikon F3 (13)
Nikon D70 (3)
D800 (9)
d7000 (0)
GR DIGITAL II (21)
SX-70 (1)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード